メインイメージ画像

ウェディングドレスはデザインが選び放題のレンタルがお得です

実際に迷われた方も多いと思いますが、ウェディングドレスは購入、レンタルの、主に2種類の調達方法があります。購入は自身だけの一着を手にしたい、思い出として保管したいという方によく選択されています。その代わり、保管場所の確保をしないといけませんし、メンテナンスも考えておくことが必要です。

人生に一度の結婚式にしか着用しないので、なるべく結婚式の予算を抑えたいという方には、よくレンタルが選ばれています。レンタルなら購入するより安く済ませられますし、結婚式で着用した後は戻すだけで、保管場所の確保もメンテナンスも必要ありません。

取得したウェディングドレスを結婚式場に持ち込みすると、別に料金が発生することがありますが、レンタルなら料金に含まれていることがほとんどです。節約できた挙式の費用を新郎新婦二人の新しい生活の資金や、ハネムーン資金などに転じることが出来ます。

レンタルでは様々なデザインや種類のウェディングドレスが取り揃えられているので、好みに合わせて選択できます。レンタルショップで試着してお気に入りの一着を探せるのも利点です。

実際に着るときは、完全予約制のレンタルショップが多いので、時間をかけて探すことが出来ます。サイズも豊富に揃えてありますが、好みのウェディングドレスで少しサイズが合っていないというときには、手直しも出来る場合があります。その代わり、人気のデザインのウェディングドレスですと、他の新婦さんがレンタル中で利用できないということがあります。そんな場合は早めに予約を入れることで、確保することが可能です。

目安としては結婚式から半年くらい前にリザーブすると良いでしょう。

試着は1着当たりにかなり時間がかかるので、ゆとりのある日に予約を入れることになりますが、週末は予約がたくさん入る可能性が高いので、平日に都合をつけられる場合は平日に予約を入れる方が得策です。2時間あれば4着から5着くらいは試着することが出来ると思います。デザインの種類があり過ぎて選べないときには、レンタルショップのプロに全てを任せるという方法もあります。